FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容の裏ワザ、アイシャドウをキレイ見せる淡い色、引き締め色、濃い色の三色


美容の裏ワザ、シャドウの基本テクニックについて。


◆「淡・濃・締」の三色づかいが基本。
アイシャドウをキレイ見せるために、淡い色、引き締め色、濃い色の三色を持っているとよい、もし可能ならハイライトを含めた4色が好ましい。それぞれの色には、役割がある。

・淡い色:まぶた全体に入れるベースカラーとしての役割。
・引き締めの色:目のキワに細くいれることで、目元を強調させる役割。
・濃い色:上記2色の間にグラデーションを入れるための「つなぎ」の役割。

この3色をつかって、自然な交じり合い(ぼかし)がうまくできると、キレイな目元が演出できる。この3色の組み合わせの選択に迷う場合には、あらかじめセットで販売されているアイシャドウを購入するのが無難である。市販のセットの場合には、季節やテーマごとに様々あり、自分が気に入ったものを購入するのがよい。基本的にどれもバランスの良い組み合わせとなっているはずである。

横浜のおすすめの美容室はこれだっ

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


美容の裏ワザ:脚を長く見せる立ち方。


◆スカートの立ちポーズ。
脚がキレイに見える立ち方というのがある。女性が立ち止まっていると、自然と周囲の視線は脚に集まるが、そのようなときでも、堂々としていられるので、覚えておきたい。まず、スカートが膝丈の場合には、脚を前後にずらして、両足の膝を重ねるように立つのがよい。そうすることで、エレガントに見せることができるだけでなく、O脚やふくらはぎの太さを目立たなくする効果もある。
次にミニスカートの場合には、脚を前後に重ねるのがよい。脚を前後にずらすことで、前に出した足のつま先を時計の12時の方向に置くのがポイントである。そうすることで、2本の脚が1本線のようにほっそり見せることができる。また後ろの脚が左足の場合には、そのつま先を11時の方向に向けるのがよい。

◆優雅に見える立ち上がり方のコツ。
イスから立ち上がる場合にも優雅に見せるコツがある。立ち上がる際に不恰好な動きで立ち上がるのはみっともない、以下の方法を覚えておきたい。

・背筋を伸ばしたまま、利き足をゆっくり引く。
・利き足をパネにして体重を前の脚に移動させる。
・立ち上がる準備が整ったら、利き足側の手を椅子の上にさりげなくのせる。
・手の力も利用しながら、腹筋に力を込めてすっと一気に立ち上がる。

ヘアサロンのクーポンを印刷できるサイト(http://kirei.biglobe.ne.jp/t_salon/search/middle/FA/SP04_L031)
美容の裏ワザ:便秘は脚を太くする! & 目の下のクマを消すアイメイク術

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

スポンサーサイト

テーマ : コスメ・美容 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。